ハーバリウムは迷惑で良さがわからない?捨てるタイミングや方法紹介

生活

今回はハーバリウムが『迷惑で良さがわからない』『捨て方やタイミングに困る』と言われる理由ついて調査していこうと思います!

見た目が美しく贈り物にピッタリな『ハーバリウム』。

母の日のプレゼントはもちろんインテリアとしても根強い人気がありますね!

しかし、安易にプレゼントをされると『迷惑』『いらない』と感じる方も多いようです。一体どうしてでしょうか?

というわけでこの記事では…

  • ハーバリウムの良い点・悪い点は?
  • ハーバリウムはなぜ貰うと迷惑なのか?
  • どのくらいの期間で劣化&腐ったりする?
  • 捨て方に困る理由は?
  • ハーバリウムの捨て方とタイミングは?

などの疑問について調べていきます!

スポンサーリンク

ハーバリウムの良い点・悪い点は?

ハーバリウムには良い点と悪い点があり人によって賛否両論となっています。

まずは両方洗い出してみましょう。

良い点

  • 長持ちする
  • 水をあげるなど世話をする必要が無く手間がかからない
  • 透明のガラスに入っていて綺麗
  • 自分で作れる(好きな花をチョイス出来る)
  • 見た目が美しく、プレゼントに最適

悪い点

  • 自分で作る場合は練習が必要
  • 人によっては置き場所などに困る
  • 捨て方がわからない人が多い
  • 貰って嬉しい人と困る人が存在する

といった感じです。

基本的にはプレゼントに最適ですが、相手の好みやシチュエーションをしっかり選んで贈る必要があるわけですね!

[フラワリウム] カーネーション入り 贈り物 フラワーギフト 誕生日プレゼント 女性 ホワイトデー 母の日 ハーバリウム ドロップボトル ピンク

ハーバリウムはなぜ貰うと迷惑なのか?

人によってはハーバリウムはなぜ貰うと迷惑という方もいるようです。一体どうしてでしょうか?

実際に調べてみたところ…どうやらハーバリウムを迷惑と感じる人には貰うと困る理由があるようですね。理由をひとつづつ紹介していきましょう。

スポンサーリンク

置き場所がないから

一番ベタな理由は『置き場所がないから』です。

ハーバリウムはとても綺麗で飾るだけで部屋を鮮やかにしてくれますが『そもそも配置するスペースが無いわ!』という方も少なからずいるようです。

ハーバリウムに限らずインテリア系のプレゼントは相手がインテリアを好むタイプかどうか考慮して贈る必要があるというわけですね。

部屋にインテリアを置いている相手や花が好きな相手ならば問題はないでしょう。

時間が経つと変色して汚くなるから

これは普通の花でも同じですね。植物はいずれ変色して腐り落ちるものです。

ハーバリウムだけでなく花をプレゼントされて『喜ぶ人』と『どうせ腐るからいらない人』が存在します。

つまり花は好きだけど劣化してしまうものを貰うことを嫌う人がいるというワケですね~。これは完全に好みの問題ですが贈る側としては知っておく必要があると言えるでしょう。

もちろんハーバリウムは普通の花より寿命は長いので、それだけで一考の余地はあると思います。

そもそも興味がないから

これはハーバリウムに完全に興味がない場合ですね。

ある意味一番プレゼントしてはいけない相手と言えます。なぜかというと…

  • 興味ないのに置き場所が必要になる
  • 興味ないのに捨てる必要がある
  • 興味ないからそもそも喜ばない場合も…

当たり前ですが興味のなさそうな相手へのプレゼントは控えましょう。

また、貰って一番困る理由があるのですが、それは記事の最後のほうで紹介します。

スポンサーリンク

どのくらいの期間で劣化&腐ったりする?

ハーバリウムはどのくらいの期間で劣化し腐るのでしょうか?

普通の花より寿命は長いですが、人への贈り物である以上どのくらい持つのかは知っておきたいところですよね。

実際に調べてみたところハーバリウムの寿命は約1年という声が多いようです!

寿命が近づくにつれ色落ちが始まりガラス瓶の中の保存液が濁りだします。花の美しさを永久に維持することはできないので悲しいですが寿命が来たらお別れをしましょう。

ちなみに普通の花とドライフラワーを両方同じ時期にハーバリウムにした場合はドライフラワーが先に枯れるようです。(花の種類やオイルによって差異があるかもしれません…!)

個人的には1年も持つだけで十分長持ちだと思います。普通半年も持たないですもん。

スポンサーリンク

ハーバリウムを貰って困る一番の理由は?

ハーバリウムを貰って困る理由ダントツの一位は『捨て方やタイミングが分からない』です!

なぜならハーバリウムは『花』と『ビン』と『オイル』で出来ているのでゴミの分別がややこしいからですね。

では、ハーバリウムはどうやって捨てればいいのでしょうか?

ハーバリウムの捨て方は?

まずハーバリウムを捨てるうえで一番気を付けなければならないのは『廃油』です。

どんな種類の油でも排水に流してしまうことは法律で固く禁じられており、日常で捨てている油と同じ方法でゴミに出す必要があります。

廃油を捨ててくれる環境ならいいのですが、そうでない場合は紙に吸わせて可燃ゴミで捨てるなど一般的な方法をとってください。

あとはビンや花を正しく廃棄するだけで大丈夫です!

ハーバリウムを捨てるタイミングは?

『ハーバリウムを捨てるタイミングが分からない』といった声もあがっていますが、これは1年間経つと劣化するのでその時に捨てるのがベストでしょう。

これ以外にも人から貰ったものだから安易に捨てられず廃棄するタイミングに困っているパターンもあるかもしれません。

インテリアである以上置くスペースが無かったりどうしても部屋に飾れない場合もあるでしょう。

↑ハーバリウムを部屋に配置するとこういったリスクもあるようです。

捨てるタイミングに迷っている場合はくれた相手に理由を説明し捨ててしまうのもひとつの手段かもしれません。

ハーバリウム コロン プリザーブドフラワー プレゼント (マリンブルー)

まとめ(ぷちたの所見)

今回は『ハーバリウムは迷惑で良さがわからない?捨てる方法やタイミング紹介』ということで調べていきました。

ハーバリウムは人によっては『貰っても迷惑』と感じる場合があり、約1年間で腐り捨てるのが少し面倒という結果になりましたがいかがだったでしょうか?

普通の花は花瓶に水を入れますが、ハーバリウムはオイルを入れています。それによる弊害はつきものとなってしまうのが難点ですね。

しかしそういった点に目をつぶれるのであれば、ハーバリウムは美しいインテリアやプレゼントとして最適です。ハーバリウムへ魅力を感じた方はぜひ購入&自分で作成してみましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました